東淀川からむし歯と歯周病をなくしたい
できるだけ健康な歯を削らず、できるだけ歯を抜かない治療を提案します

ご来院の際はマスクの着用をお願いします。
ご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

当院での感染予防対策

器具等の洗浄・滅菌処理診療台は壁によって区切っておりますので、 患者さまのプライベートを確保すると共に、 できるだけ感染防止に努めております。

①診察に使う器具等の洗浄・滅菌処理を1回の使用ごとに行っております
②エプロン・紙コップは使い捨てにしております。
③グローブは一処置ごとに取り替えております。

診察に使う器具 エプロン・紙コップ グローブ

新型コロナウイルス感染予防対策として
行っている取り組み

窓を開けて換気出来る限り窓を開けて換気するようにしています。

待合室のソファー・自動ドアのボタン等のこまめな消毒を行っております。

エプロン・紙コップエプロン・紙コップ

バキューム治療中飛沫が飛ばないように専用の大きな掃除機で吸引しています。

新型コロナ感染対策として
行っている取り組み

受付も含めたスタッフは、患者様への説明等の際もマスクをつけた状態でさせて頂いております。表情がわからないまま大切なお話をさせて頂くのは医院の診療理念に反するものですが、患者様の安全を最優先とさせて頂いておりますのでご理解頂ければ幸いです。

複数の患者様が触れる可能性がある待合の新聞、雑誌、お子様用の絵本は、事態が収束するまで撤去することにしました。小さなお子様連れの保護者の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
(ご来院の際はお子様の退屈しのぎになるものをお持ち頂けると幸いです)

患者さまへのお願い

当院では新型コロナウイルス感染予防対策として以下のご協力をお願い致しております。

  • 院内でのマスクの着用院内でのマスクの着用
  • 院内でのマスクの着用手指のアルコール消毒
  • 院内でのマスクの着用来院時の体温チェック
  • 院内でのマスクの着用診療前の薬液でのうがい

また、三密状態を避けるため、患者様同士での大声での会話、診療前後の待合での長時間の滞在、大人数でのご来院はご遠慮いただきますようお願いいたします。

患者様へのお願い☆発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。
「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。詳しくは以下のURLからご覧いただけます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

☆受付に手指用の消毒液をご用意しております。来院された患者様は手指消毒にご協力ください。

☆ご来院される際はなるべくマスクの着用をお願いします。

薬用アルポリーゼ

何かとご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

来院から診療~お会計、
次回の予約までの流れ

換気1.診察券・保険証のお預かり

検温2.検温

診療室へのご案内(アルコール消毒)3.診療室へのご案内(アルコール消毒)

チェアーでのうがいのお願い4.チェアーでのうがいのお願い

5.治療~治療終了

お会計6.お会計

次回予約7.次回予約

8.終了

PayPay始めました

PayPay始めました。保険でもお使い頂けます。ご使用の際はお気軽にお申し付け下さい。
paypayの登録方法

新型コロナとお口の健康について日本歯科医学会連合HPより引用

ウイルス感染に対抗する歯科の重要性 「インフルエンザ予防と歯周病菌との関係」より考えられること

1 口腔健康管理(口腔清掃)はウイルス感染への水際対策です

ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります1)。インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します2)。ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素をもっています。歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。

2 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めます

ウイルス感染への有効な対策は、体の免疫力を低下させないことです。腸内細菌のバランスは全身の免疫に密接にかかわっています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています3)。お口の細菌が食道・胃を通って腸内にたどり着き、腸内細菌のバランスを乱して全身疾患発症の原因となることが判ってきました4)。お口が不潔な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。

3 お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります

中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします5)。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。

4 注意してください!コロナウイルスは口からもやってきます

現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文は、ウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています1, 6)。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくることでしょう。
手洗い・うがいに加えて、お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くこともウイルス感染予防に効果があります。

  • 文献
  • 1)Peng X, Xu X, Li Y, Cheng L, Zhou X, Ren B.:Transmission routes of 2019-nCoV and controls in dental practice. Int J Oral Sci.12(1):9, 2020.
  • 2)松山州徳:プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入.ウイルス.61巻1号,pp.109-116,2011.
  • 3)安藤朗編:腸内細菌と臨床医学.別冊・医学のあゆみ.医歯薬出版, 2018.
  • 4)Olsen I, Yamazaki K.:Can oral bacteria affect the microbiome of the gut? J Oral Microbiol. 11(1):18, 2019
  • 5)Beck JD, Slade G, Offenbacher S.: Oral disease, cardiovascular disease and systemic inflammation.Periodontol 2000.23:110-20, 2000.
  • 6)Yan Y et al.: Consensus of Chinese experts on protection of skin and mucous membrane barrier for healthcare workers fighting against coronavirus disease 2019. Dermatol Ther.13:e13310, 2020.

参考動画:日歯8020テレビ 「インフルエンザ予防と歯周病菌」
https://www.jda.or.jp/tv/96.html

ごあいさつ

院長 堤下大樹こんにちは、院長の堤下(つつみした)です。
私はこの東淀川の菅原、淡路で生まれ育ち地域の皆様には大変お世話になりました。歯科医療を通して地域の皆様の健康に少しでもお役に立てることが歯科医師としての私の幸せです。「お口の健康から、からだと心の健康を」をモットーに、つつみした歯科は皆様のかかりつけ歯科医院として気軽に立ち寄っていただける歯医者さんを目指してまいります!!

患者様に伝えたい5つのポイント

1.時間に余裕を持って治療に臨みます

時間に余裕を持って治療に臨みます治療の時間は最低でも30分頂戴しております。私自身が焦らず余裕をもって治療できること、患者様が安心して治療を受けられることなど、来院された患者様に最善を尽くしたいとの思いからです。また、3ヶ月ごとの定期検診では、基本的には1時間で予約を取らせていただいております。しっかりとコミュニケーションをとりながら、お口の中以外のこともケアできるようにしたいと考えています。

2.患者様の話をしっかりと聞いて治療を進めます

患者様の話をしっかりと聞いて治療を進めます当然のことながら、患者様のお口の中は患者様ご自身のものです。一般的に最善とされる治療も患者様の考えには合わない事もあります。例えば、歯を抜くことが最善だったとしても、患者様が望まないのであれば、歯を残し予防しながら経過観察を行うこともあります。つつみした歯科では「対話」と「ご説明」のインフォームドコンセントに時間をかけ、患者様の「理解、意見、考え」を一番大事にしています。

3.できるだけ歯を「削らない」「抜かない」治療をおこないます

できるだけ歯を「削らない」「抜かない」治療をおこないます歯は削ると元には戻りませんし、永久歯は2度と生えてはきません。悪くなったところには適切な処置をし、患者様の意見を聞きながら、できるだけ自分の歯を残す方法をご提案いたします。その上で、3ヶ月ごとの定期検診で、患者様とご相談しながら治療の方針を決めていきます。

4.患者様のお口を生涯にわたってサポートします

患者様のお口を生涯にわたってサポートしますつつみした歯科では、治療よりも予防を重視しています。せっかく治療しても、またむし歯や歯周病が再発したら意味がないですよね。お口の中の健康には日頃の患者様自身の歯みがきや、当院での定期検診が大変重要です。つつみした歯科は、患者様とお口の健康管理を通して長いお付き合いをしていきたいと考えます。それは、地域密着型のつつみした歯科だからできることだと思います。長いお付き合いの中で患者様を知り、患者様一人ひとりの生活に合わせた診療プランをご提案いたします。

5.明るく楽しいアットホームな医院作りに努めます

明るく楽しいアットホームな医院作りに努めます歯医者に来るときはどうしても緊張するものです。その緊張を少しでもやわらげられるように、治療して終わりではなく何気ない会話も大切にしています。患者様に、「行きたくないけど行かなければいけない」から「行きたい!」と思っていただけるよう、スタッフ一同、歯医者に行くのが楽しくなるような医院作りに努めます。

診療内容

新着情報

information

スタッフ募集

map

〒533-0022
大阪市東淀川区菅原6-19-4 TEL 06-6160-4618
〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-19-4 つつみした歯科

阪急京都線淡路駅東口から徒歩5分ほど。
JR淡路駅の高架をくぐってまもなくです。
JRおおさか東線淡路駅からは東口を出て徒歩2分程度です。
専用駐車場(2台)ご用意しております。

診療時間カレンダー

9:00
~13:00
14:30
~18:30
14:00
~17:00

休診日 木曜、日曜、祝日

page top

Copyright © tsutsumishitashika All rights reserved.