歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

残念ながら歯を失ってしまった時には、人工の歯を入れる事により、かみ合わせを回復することになります。

歯を入れる方法としてブリッジ・入れ歯・インプラントの3つがあります。

■ ブリッジ

歯のない部分の両隣りの歯を削り、橋渡しされた固定式の装置です。
比較的違和感が少なく自然な回復が可能です。
保険適応ですが、その場合は奥歯は銀歯になります。 ブリッジ

デメリットとしては、以下の様な点があります。
・健康な場合でも両隣りの歯を削る必要がある
・支えになる歯には大きな力がかかり(*図1)、その歯の寿命が短くなる
・土台となる歯にむし歯が発生しやすい
・抜けた歯の数が多いと使えない

ブリッジ (ほぼ倍の負担がかかります。)

■ 入れ歯

残っている歯に金属の針金をかけて欠損部を補う取り外し式の装置です。
失った歯が多い場合や両隣に歯がない場合に使用します。

>>入れ歯治療を受けられた方へ

入れ歯

入れ歯のデメリット
・異物感が強い
・ハグキで入れ歯を支えるため直接力が伝わり痛みを感じやすい
・針金をかける歯に大きな負担がかかる
・固定式でないためがたつきやすい
・しゃべりにくい
・噛む力が健康な状態にくらべて劣る
・徐々に顎の骨や歯ぐきが痩せる
・口の中が不潔になりやすい
・精神的な苦痛と自信の喪失(旅行中など)

■ インプラント

チタン製の人工の歯の根を顎の骨に直接埋め込み、そこに被せ物を装着します。顎の骨にしっかりとくっつく事で天然歯と変わらない、自然で違和感のない機能回復が得られます。 インプラント

大きな特徴として
・自分の歯と同様、顎の骨に固定するので、しっかり噛め何でも食べられる
・残っている歯に負担をかけない・見た目の自然感を取り戻せる
・天然歯に近い状態なのでブラッシングしやすく 清掃性が良い
・見た目の若さとともに精神的な若さを回復する

デメリットとして
・外科手術が必要
・治療期間が長い(最短でも6ヶ月)
・治療費用が従来の治療よりも高い(保険適用外)

などが挙げられますが、それを補って余りある治療法といえます。
より詳しい説明はコチラ

診療内容

新着情報

information

スタッフ募集

map

〒533-0022
大阪市東淀川区菅原6-19-4 TEL 06-6160-4618
〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-19-4 つつみした歯科

阪急京都線淡路駅東口から徒歩5分ほど。
JR貨物線のトンネルをくぐってまもなくです。
専用駐車場(2台)ご用意しております。

診療時間カレンダー

~ 2018年12月31日まで ~

9:00
~13:00
14:30
~19:00
14:00
~18:30
14:00
~17:00

~ 2019年1月1日以降 ~

9:00
~13:00
14:30
~18:30
14:00
~17:00

休診日 木曜、日曜、祝日

page top

Copyright © tsutsumishitashika All rights reserved.